Röyksopp


Röyksopp[The Understanding]

2005年懐かしの全曲神アルバム。
ジャケットもついでに神。

(wikiより紹介文引用)

”Röyksoppはノルウェーのエレクトロデュオ。1998年結成。同国トロムソ出身で、現在は主にノルウェーにおける第2の都市であるベルゲンを拠点に活動している。
アンビエントとシンセ・ポップを自在に行き来するメランコリックでカラフルなエレクトロニック・ミュージックを発信し、いまや北欧を代表するダンス・アクトとして世界的な人気を誇る。
バンド名「ロイクソップ」とは、ノルウェー語で、同地に自生する「煙キノコ」を意味する。動物に踏みつけられることで胞子を飛散させ繁殖する煙キノコに不思議なインスピレーションを受けたのだという。
北欧という極寒の出身地を反映するように、そのサウンドにも静謐な雰囲気が漂う。
デビュー時には「氷点下のダンス・ミュージック」「マイナス15℃のエレクトロ」などといったキャッチコピーとともに紹介されていた。”

このキャッチコピー「氷点下のダンス・ミュージック」「マイナス15℃のエレクトロ」は
聴けばわかる。前作アルバムMelodyA.Mが特にこの傾向が強い。
メンバーは トルビョルン・ブラントン(Torbjorn Brundtland)、スヴェイン・ベルゲ(Svein Berge)の二人だが、
The Understandingではボーカルを起用している。

“What Else Is There”—— Karin Dreijer
“49 Percent”—— Chelonis R Jones
“Circuit Breaker “”Only this moment”—— Kate Havnevik

ジャケットが素晴らしいのですがこちらはパリのアートディレクター作。
名前が知りたい・・・・。

What Else Is There? (HD)
YouTube Preview Image

この曲はPVがヤバイ。
天気が悪いとこの曲思い出してしまう。
嵐の日に聴いて下さい。

一番おすすめ
Röyksopp[The Understanding]
icon
icon




人気の記事はこちら:


関連するエントリー:

No related posts.

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

�t�F���V���u�R���N�V�����v�i�Еz���j



Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com