ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」


薔薇とサムライ

観て来ました。

天海祐希の女海賊「アンヌ・ザ・トルネード」が最高にかっこいい。
さすが宝塚。舞台に咲く華ですよ。

浦井健治の「シャルル・ド・ボスコーニュ」
正直全然注目してなかったのですが、何故か気持ち悪い(失礼)キャラを
自然と演じていて目が離せなくなりました。
笑顔がとってもキモカワイイ!!

橋本じゅんの「海賊バルバ・ネグロ」はラストに近づくと共に
華麗な変身を遂げるっっ!
この人大好きなんですが。

右近健一様。「ゴンザンス男爵」この人の悪役っぷりは可愛いです。
憎めないキャラNo,1
五右衛門ロックで見て以来変な外人キャラなら
この人でお願いしたい。

気分が最高に盛り上がる舞台です。
劇団☆新感線の舞台を生で観ずには死ねません。
次こそ生で観る!

人気の記事はこちら:


関連するエントリー:

    関連する記事はありません

この記事を見た人はこんな記事も見ています:

  1. イマジナリウム
  2. アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップ「ツーリスト」

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

�t�F���V���u�R���N�V�����v�i�Еz���j



Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com