画像加工iPhoneアプリお気に入り順に


iPhoneアプリで画像加工!
現在3GSの私には画像をいくら加工しようとも
画素数が残念だったりする訳ですが、
iPhone5の発売前に
こらからも活躍するであろう画像加工アプリをせっせとメモしておきます。



これは絶対必要。手放せません。定番。
「instagram」しかも、無料!!(2011年9月9日現在)

iPhone を使って写真を撮り、加工を施して投稿できる、シンプルで楽しい無料アプリです。たくさん用意されているフィルターから選んでエフェクトをかけたり、ミニチュア風写真の効果を使ったり出来ます。





















twitter連動もしているので、ふとした時に写真を撮ってすぐに公開できて
素晴らしい。さらにエフェクトは全ていいかんじでどんな写真でもいい雰囲気に。
写真系アプリでは一番使ってます。





ミニチュア風写真、ピントの調節はまかせろ!
「TiltShiftGen」

王様のブランチでオススメのアプリNo1として紹介されました! ミニチュア風レトロ写真作成アプリ、トイカメラ・シリーズの第5弾です。 TiltShift Genはシリーズ初の、トイカメラ写真に特化した写真編集アプリです。



















高い場所に上って下を見下ろしたらこのアプリを起動すべし。
普通の写真もピント調節で周囲をぼかしたり、
コントラストやカラーも調整できるので便利。





写真をおもしろ加工するなら
「PhotoFunia」

人物写真で遊ぶならこれ。
ポスター風にしたり絵画風、看板、スケッチと種類豊富!
ナチュラルに表紙の雑誌風にできたりとおもしろい。



















無料(2011年9月9日現在)なのに種類豊富すぎる!
アイコン作ったり、面白画像にしてみたりと楽しめます。





簡単にかっこよく画像をチェンジ
「addLib」

addLib(アドリブ)は、高度な理論に基づいて写真を加工し、無限のデザインバリエーションを作り出すiPhoneアプリケーションです。addLibはグリッドシステム、フラクタル理論、黄金比、顔認識など、様々な理論を組み合わせたグラフィック作品を作り出します。

















ちょっとものたりない写真や構図がイマイチな写真も
簡単にグラフィック作品になっちゃいます。
黄金比等を駆使して作られるのでちょっとしたグラフィックを入れて
かっこよくしたい時にこのアプリでトライ。
ランダムに何度も作品を作れるのでどんなものが出来るのかが楽しみ。
UIもかっこいいので使っていて楽しい。




漫画風に出来る!
「Paper Camera」

手書きスケッチ風、コミック風、
様々な加工が出来ます。しかもカメラを覗いている景色がすでに
加工済みなので、カメラを覗いているだけでもスケッチが動いているみたいで楽しい!













その辺にあるもの何でもこのカメラで覗いて
撮りまくる!とにかくワクワクしてしまうカメラです。







その他カメラアプリは数え切れないほどあって
まだまだ沢山アプリはダウンロードしていますが
とにかく無料のものでも楽しめるのがカメラアプリの良いところ。
有料になると本当にクオリティも高いです。

iPhone5にしてもっとより高い画素数になれば
今よりカメラアプリを楽しめるのでまだまだ数が増えそうです。
とりあえず、iPhone5になってもカメラフォルダに残るのは確定のアプリ達です。







人気の記事はこちら:


関連するエントリー:

この記事を見た人はこんな記事も見ています:

  1. kidsアプリ~子どもが喜ぶiPhoneアプリ決定版~

One Response to “画像加工iPhoneアプリお気に入り順に”

  1. rust24 » Blog Archive » 使えるiPhoneアプリのまとめ~カメラアプリ編 Says:

    [...] います。また新たなアプリを入れるにしても少し増えすぎた・・。 こちら過去記事→「画像加工iPhoneアプリお気に入り順に」 ですが今回は過去記事に載せていないアプリを紹介します。 [...]


Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

�t�F���V���u�R���N�V�����v�i�Еz���j



Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com