堺雅人主演「リーガル・ハイ」が最高1話


リーガル・ハイ

録画していてよかった!
いつもドラマは録画していても観ないのですが、今日のリーガルハイを観て!!衝撃を受けたので
1話から観直している。何このドラマ・・先日、蛮幽鬼観て堺雅人大好きになっていたので相乗効果もあるけど面白すぎる!!

古美門(堺雅人)は”偏屈、毒舌、皮肉屋、気分屋、浪費家、人格破綻者だが、訴訟の勝率100%の敏腕弁護士。”らしいのですが、動きとか表情笑顔がすごくいいですね!蛮幽鬼のサジと通じる所があるかも・・・。笑顔とか動きの感じが。しかし、人間味溢れるコミカルなキャラクターでそこがまた新しくてすごく惹かれるキャラクターです。その他のキャストも豪華で、特に古美門事務所の事務員「服部(里見浩太朗)」は事務員というよりは執事風で見逃せないキャラクター。実は服部が一番力のあるキャラなのでは。そして三木弁護士事務所の所長「三木(生瀬勝久)」とその秘書「沢地(小池栄子)」も最高です。黛(新垣結衣)はがに股がかわいいし。
↓ネタバレ少しあります(1話)


1話での黛と古美門の出会いでは老人に席を譲るか譲らないかで論戦。古美門の喋り方いいなあ。口調が時々ぞんざいになる所も何故か可愛いです。「出所の不審な金は受け取れなぁ~ぃ☆」何度も観たくなるドラマは久しぶりです。そして、劇画タッチな少々大げさな演出がいい。効果音とかも大げさ!とても大げさだ!だが、そこがいい。オープニングのウルトラマンのような二人が巨大化した画も。

古美門の弁護方法もなかなかゲスい。美談を集める、マスコミに書かせる、人権団体の関心を引く・・・。すれすれギリギリというかまあ大概アウトな手法まで楽しませてくれます。法廷での論戦も堺雅人が華麗すぎる。畳み掛けるようなセリフの数々はクセになります。ウヒーーーーーヒヒヒーという笑い声も・・。
そして三木のスロウすぎる(比喩でなく)攻撃の手がいつも寸でで止められるのが笑える。いつかあの(実はかなり本気で殺る気っぽい)攻撃がヒットする時は来るのだろうか。ここも見所な気がする。

対決した弁護士(後輩)に向かって「見違えたよ!とても自動ドアに気づかれなかった男とは思えない!」「気づかれますっ!」「最近はセンサーの感度も上がっているからねぇ!!」「グッ・・・(ウ、ウワァァアァァァ!!)」の流れで腹筋が崩壊した。あの弁護士の表情とかもすごく良かった!

YouTube Preview Image

録画今からすべて見直す&DVDが出た暁には買ってしまうのだろうなあ。スペシャル版を・・。

人気の記事はこちら:


関連するエントリー:

この記事を見た人はこんな記事も見ています:

  1. 劇団新感線 ゲキ×シネ蛮幽鬼DVD
  2. About
  3. イマジナリウム
  4. #prayforjapan
  5. 猫のハイスピード撮影映像

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

�t�F���V���u�R���N�V�����v�i�Еz���j



Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com