聖おにいさん7巻


聖おにいさん7巻




聖おにいさん7巻ついに発売されました!





7巻おもしろー!
すごくテンポよくなってる。前までのまったりじっくりな落ち着いたネタとかハイテンションな総ボケ感も
好きなんだけど、今回はノリとツッコミのバランスが良いです。
そして新キャラと、好きなキャラの新たな一面が判明してちょっと嬉しいww



以下ネタバレありなのでご注意下さい。
———————————————-




毎度表紙のやさしさ感がいいなあ。
いきなりのカラーページが冬ネタなので厚塗りになってた。
水色の線画がガンガンに透けている薄塗りすきなんだけれどなあ。
冬だからなあ。


そして母’sが美人!マリアかわゆす。
聖母の愛はきよしにそそがれてる。そしてマリアは非リア。萌える。


キューピッドのボスはゼウスなの?
キューピッドとエンジェルの違いがわからない不勉強な私(聖書はヤコブで挫折)
手塚治のブッダで仏教ネタは割といけるんだけれどなあ。
【ゼウス】
(古典ギリシア語:Ζεύς, Zeus)は、ギリシア神話の主神たる全能の存在[1]。天候、特に雷を司る天空神でもあり、オリュンポス十二神をはじめとする神々の王である。(wikiより)
ギリシア神話は小さい頃に読んだけれどほとんど忘れている。
日本書紀よりどろどろしてなくって短編で読みやすかった気がする・・
キューピッドのイケメンSキャラにときめく。


そしてカンダタの愛に気づき、
PCの九十九神win99。私のwin九十九神さんいないんで、知恵の実にしたいっす。
何が何でも知恵の実にしたい。
イエスのPCがバイオちっくな所に常々疑問を持っていたのですが、解決した。
イエスのPC愛な所にすごく共感を覚えるけれど、救世主がそれでいいのかと。


アンデレとペトロwwww
イエス陣みんな自由すぎ。
そしてホルモンが、ホルモンが・・・。


そして衝撃の「ウリエル様 まじ天使」
ミカエルの中二病不憫・・。
ムチリンダはイエスと仲良くなれそうで良かった。
さらに衝撃「あー麺」さん。ハンドルネームからしててっきりイエス陣だと・・。
あと、ネットが繫がってないと死ぬタイプの人間にやさしいネタがちょいちょいあるので吹くw。




全体的におもしろすぎて。
これは後でギリシャ神話もう一回読むけど絶対笑う。
今回のBestは
”・・・・・・・でも私も40日密室でブッダを見続けたら
天部に同じキレ方をしそうなんだ・・・・・・・・”

でした。


そして好きなキャラが増え続けてやばい。
キャラのスピンオフでも全然楽しめそうだ。まあ、神と仏だから当然かもしれないけど。
ユダと子供のブッダの対話が見たい。
好きキャラ→
イエス、神(父さん)、ユダ、ブッダ、アンデレ、カンダタ、ラファエル、マリア


最近では海外でも人気らしいけれど、「血を流すマリア像」の解釈とか
大丈夫なんだろうかww。仏教はおおらかだしネタ歓迎だろけどキリスト教のネタで
許される範囲ってどこまでなんだろう。色々なものを二次元化する日本人ならではな
漫画だと思うの。地図を萌えキャラ化する勢いで神をキャラ化しちゃってるもの。
本当に、日本書紀とか正直神居すぎで読みづらいし、三国志も長いから
中村光さんに漫画化してもらいたいなあ。(三国志は短編やってた)
九十九神とかも今日本人が何でも萌えキャラ化するのに近いものが
あったのかもしれないし、そう考えるとおどろおどろしかったりする日本の神話や歴史が
急に身近に感じられて、読みながら笑いが止まらなくなるので困る。






人気の記事はこちら:


関連するエントリー:

この記事を見た人はこんな記事も見ています:

  1. 聖☆おにいさん7巻 予約スタート!
  2. 「四畳半王国見聞録」森見登美彦
  3. 「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦
  4. 「ニューロマンサー」ウィリアム・ギブスン 黒丸尚 訳
  5. 極楽浄土を描く森見登美彦氏「美女と竹林」

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

�t�F���V���u�R���N�V�����v�i�Еz���j



Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com