猫のハイスピード撮影映像

ハイスピード撮影の動画です。
この可愛さはけしからん。

ハイスピード撮影がお手軽に出来るデジカメも最近はあるようで、
欲しくてたまらなくなりました。

カシオ「EX-F1」でハイスピード撮影が出来るらしい。
でも最近CanonのkissX4買ったしなぁ・・。

YouTube Preview Image

Hilary Hahn

普段クラシックはほとんど聴きません。
たまに楽器単位で、「バイオリン」「ピアノ」程度に検索して聴くのですが
さらっと聴いてお終い。

だが、ヒラリー・ハーンは別。
17歳でデビューしたアメリカのヴァイオリニスト。現在31歳。

どんなにエンドレスリピートしても飽きることがない。
毎日この音で目覚めたいと思う。

生の音が聴きたいけれど、特に今チケット情報も無い。
仕方なくyoutubeとCDで堪能。
YouTube Preview Image


———————————————————-
公式サイト
http://hilaryhahn.com/

twitterアカウント
http://twitter.com/#!/violincase

John Woo solo exhibition “HE WEARS IT”

香港のペインタージョン・ウーのエキシビジョン「HE WEARS IT」が
日本で初めて開催されるらしい。

ある日tumblrで流れてきた、有名なスターウォーズシリーズ(?)を見て以来
かなり注目しています。

・基本的にスターウォーズのダーズベイダーが使われたアート作品に
弱い。
・そしてメンズファッション(コレクション)にも相当弱い。
・線が少し頼りないドローイングにかなり弱い。

全てのコラボキタ!!

という。

この、ファッショナブルなの?何なの?ダースベイダーなの??
っていうバランスに眼が離せませんでした。
これからも期待大なアーティストなので注目していきたい。

「John Woo solo exhibition “HE WEARS IT”」
会期:2011年6月3日(金)~6月26日(日)
時間:12:00-19:00
会場:HOTEL ANTEROOM KYOTO1F   Gallery9.5

「ニューロマンサー」ウィリアム・ギブスン 黒丸尚 訳

小説は図書館で借りる条約。
そう決めたのはいつだったか。

本屋でパラパラと立ち読みすること1ページ。

目次
1、千葉市憂愁(チバ・シティ・ブルース)
2、買物遠征(ショッピング・エクスペディション)
3、真夜中のジュール・ヴェルヌ通り
4、迷光仕掛け(ストレイライト・ラン)
5、出発と到着(デパーチャ アライバル)

これは、買うしかない。買うしかない。
物語の内容もぶっ飛んでる。
「サイバーパンクSF」らしい。

読み進めるほどに、本編とは別に訳の重要性を認識しました。
一歩間違えばとてつもなく面白くなくなる。
翻訳の仕方で物語の疾走感とか、パンクな部分は残念なことになりかねん!!と、
変にどきどきしました。

しかし、パーフェクトな翻訳で「ニューロマンサー」は最高です。
そんな結論に至りました。


Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com