おはぎ大作戦

もちもちもちもち。
おはぎの季節ですね。

家庭的、かつ適当に「おはぎ」をこさえる方法をメモするね。

1、米:もち米を 7:3 で炊く。(塩を適当に入れて※我流)
2、餡を炊いてホカホカにしておく。
3、きな粉に砂糖を混ぜる。(味見しながら適量)
4、炊けた1の米をすりこぎ等で搗く。
5、餅に2の餡を包み、3のきな粉をまぶす。

御萩はきな粉、餡で包むと牡丹餅。ぼたもちは英語でも「Botamochi」
あまりにも量産してしまう我家のおはぎ。
「おはぎ大作戦」は一日中続いた。
量産しすぎて、出来立てもちもちを3個ほど食べた後冷凍された。

ザッザッザッザッ押し寄せるおはぎ。

「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦

読了しました。

小学生の僕、と歯科医院のお姉さん。ペンギンを巡る謎と冒険。
なんだこの可愛い話。
主人公の生意気なんだけれども、「かしこい」所が可愛い。
仲間のウチダ君たちと、何気に哲学論議な所とか
お父さんとのやりとりが素敵。

研究熱心な僕は、最後に気づいてしまう。
ちょっと切ない。

くそっ。くそう。可愛い。お姉さんも可愛い。
この話は主人公の可愛さと、ペンギンの可愛さで出来ています。

表紙の雰囲気と、話が完全に一致。
四畳半神話体系を読んだ時に、森見登美彦さんが小学生を書いたら絶対可愛いに
違いない、と思っていたけれど、これは想像以上。
読んで良かったと思う最高の読了感でした。読むと幸せ。


Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com